「コーヒーの予算」前編

今年のエチオピアのCOE

(カップオブエクセレンス)で

91.04の最高点を獲得した

二グセゲメダムデ農園 (シダモ地方)

ナチュラルプロセス(精製法)のコーヒー豆は、

その後のオークションで

1ポンド(450g)あたり185.10ドル(約2万円)の値がつき

複数の日本のコーヒー会社がその落札に関わっています

国内でその焙煎豆が販売されるとなると ..

100gで4000円は下らない のでは !?

ちなみに、

丸山珈琲で現在販売されている

昨年のブラジルのCOE1位の豆は

100gで4050円します

2年前のメキシコのCOE1位の豆は …

80gで6966円の値で販売されていました

最近は、

海外のECを利用して

バリスタチャンピョンのいる

北欧のロースターから

焙煎豆を注文して

自宅で楽しまれる方もいるようで

消費者の需要

(やメーカーの動向)は

コンビニコーヒー

ネスカフェバリスタの普及などと

二極化しているようです

その金額ばかりに目がゆきますが、

付加価値がないと

安くても高くても売れない感じがします

(画像上)

ロイヤルコペンハーゲンハンドルですが、

ヤフオクでつい!?熱くなってしまい

気づいたら…

予定の倍額で落札していました

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *