「コーヒーの予算」 後編

COE (カップオブエクセレンス)

お金の話について

もう少し調べていたのですが、

過去のオークションでついた

最高落札額は、

2018年のコスタリカのCOE1位

ドンカイート農園

リカルド・カルデロン氏による

ゲイシャ種. ハニープロセスの豆に

1ポンド=300ドル

(1kg=約73000円)の値で

日本のコーヒー会社が

共同落札しています

丸山珈琲ではその後、

数量限定で焙煎豆 80g=1944円

カップ1杯 900円で販売されていて

つまり→(赤字でも)

消費者へ

ご祝儀で配ったよう!?です

丸山さんのような

国際オークションでより高値で

生産者から豆を買い付けて

スペシャルティコーヒーの

流通を生み出す方や

スターバックスのロースタリー

のように

圧倒的な資本やサービス力で

生み出される

新しいビジネスモデルとか …

じゃなくても、

きっと

常連さんの顔が浮かんで!?

値上げを辛抱してしまう

コーヒー店主さんも!

各々の経営努力が

コーヒーを愛する皆さんの手助け

というか

活力になっているのだと思います

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *