安土草太さんのランプシェード

「SML」の個展で大人買いしました

上の画像 すべてじゃないですよ

いよいよ

「うつわとコーヒー」を

出店するための物件を取得したのです!

安土さんのランプシェードは

とても人気で

スタッフさんは電気屋さんみたいに!?

サンプルを天井に取り付けたり外したり

大忙しでした

購入を決めたのが

上の画像の3つです

※今後、開店前の店作りのプロセスを

Instagram に掲載を予定しております

2020年内のオープンをお楽しみに

甘い缶コーヒーが好きだ

缶コーヒーもフラペチーノも

甘ーい ♡

飲み過ぎると

きっと

健康を害するのだろうけど

みんな好きだと思う 笑

サントリー「BOSS」レインボー

ちゃんとグアテマラの味がしますよ

勿論、

喫茶店でいただくコーヒーの味ではないけれど

2日に1度は欲しくなります

(画像上)

サントリー「BOSS」の誕生ストーリー

当時の高橋商品開発部長が著者

仙太郎の「老玉」

「うばたま」と読みます

丹波の小豆で作られたこし餡を

黒砂糖の羊羹で包んだ

シンプルな和菓子です

上にちょこんと乗っかった胡麻が

なんとも可愛いらしい

(画像上)

「ひとつつまんで京都のおやつ」

津田陽子 マガジンハウス より

コーヒーの琥珀より

羊羹の漆黒がツヤツヤ過ぎる

品の良いこし餡の口どけの前に

しっかり羊羹の黒糖の味がきて

想像以上にコーヒー向きな一粒です!

坂本創 個展

10月に入り

2年ぶりの個展が 「SML」でありました

( 初日ならご本人にお会いできたのですが 涙 )

色彩全体が穏やかになり

今まで目立っていたデザインの特異さより

技法そのものが上がった印象を受けました

民藝なのにカッコイイ器!

今回ゲットした皿(画像上)にサラダを盛ると

こんな感じ!

サニーレタスが映える!?

深皿です

飯茶碗は

貝殻を思わせる模様.柄.色合いで

白米盛ったら美味しそう

定番のゴマすり

これぞ小鹿田焼で素敵でした

(画像上)

中目黒への帰り道、

寛尾瓢月堂で「六瓢息災」の無花果(いちじく)

を買って帰りました

創さんの豆皿でピッタリ!

味覚の秋

クイーンニーナという品種の葡萄です

サンシャインマスカットみたく

すっきりしてない

糖蜜系な甘さ

たくさん食べれません(笑)

キルフェボンのタルトにのると

ワンカット1040円だった!!

故に、コーヒーには合います!

話が飛びますが、

三国志~司馬懿 軍師連盟」というドラマの中で

司馬懿の主の曹丕が好んで美味しそうに食べていた

葡萄の色がこんな感じだったような !?

味はもっと甘酸っぱいと思うけれど …

(器は以前SMLで購入した河井寛次郎の親族の方々のプロダクツだったと思います)

民藝の食器~我が家の定番

小鹿田焼(大分.日田)の皿です

「飛び鉋(かんな)」と呼ばれる

工具の刃先を使って

連続した削り目をつける

装飾が施されています

以前、二子玉川の「KOHORO」で

棚の下のカゴに積まれていたのを

1000円で購入出来ました!

「安いですね」とうかがうと

民藝ですから!」と

スタッフさんに言われました

おひたしやひじきなど …

定番の家庭料理の盛り付けにぴったりのお皿です

沖縄のブルー

大嶺工房のフリーカップです

「Quico」のバイヤーさんが

コロナ禍の沖縄ですが

運良く買い付けができたとか

「ペルシャブルー」 と呼ばれる器の色彩は

シアン(明るい青)にターコイズ(明るい緑みの青)に

セルリアン(鮮やかな青)も入ってそうな色でしょうか

沖縄の海の色が1番連想しやすいかな?

下地の肌色がさらに青を引き立てています

Beams 別注のNewEraのキャップとおそろいで撮ってみました

ロブスタ種(豆)のこと

久々の投稿です

暑~い夏を

開業の為の物件探し

アイスコーヒー作りで (笑)

過ごしました

今年は、「ダフ二」の桜井さんが

かなか焼いてくれなかった!?

のですが、

ほとんどロブスタ豆のアイスブレンドです

参考までに、画像(上)の右側がマンデリンで

(バナナの葉柄の四角皿は大谷桃子さん)

左のぷくぷくコロコロ焼きあがっている焙煎豆がロブです

昔のコーヒー屋さんなら

アイス用に使う方がいたはずですが

独特の臭いがあり

苦みだけで味わいに欠けるため

最近のロースターからは敬遠されがち

(というか..使い方がわからない?)かもしれません

もともと

インスタントコーヒー以外にも

イタリアのエスプレッソにはブレンドされているし

ミルクや砂糖とも相性が良く

焼き肉でいうとレバーみたいな部位で

加工処理するロースターの技量が逆にわかるかもしれません

桜井さんのはホットで飲んでも美味しい味!だから

冷やさずにいただいてしまうことも度々なのです

コーヒー色したレモネード

寝起きが汗ばむような

梅雨明けとなりました

ジュンク堂で立ち読みした

旭屋出版の

アイスコーヒーのレシピ本

真似てみました

アレンジのポイントは、

はちみつレモンシロップ

加えること!

豆はケニアがベースで

イメージはホットでいただく際の

ベリー系の酸がわかるアイスコーヒー

がよいのですが

氷で冷やすとせっかくの酸が口の中で

フリーズしてわからなくなります

そこに、

絞った生レモン少量

はちみつを適量足す(コク出しする)ことで

→ →

あれっ!

ゴクゴクと飲み干せる

コーヒー色した清涼飲料に急変します

あまりに飲みやすいので、

逆にケニアのスペシャルティ豆が

もったいなくなります

豆はブルンジでもよいと思います

レモンは無農薬(表示のあるもの)

でお願いします!

防カビ剤とカフェインは合わせると

発がん性物質を生むとのことです

 

(画像上)

藍色のカップは田屋直子さん

レモンののった皿は及川静香さん

 

大倉陶園の白磁

画像 上

重ねたカップ(上)の方が

大倉陶園の

ゴールドライン(リムシェープ)

昔、業務用で使い倒した結果

飲み口の金がはがれて

チップしています

いつか

金継ぎを習ってみたい!です

カップ&ソーサー(下) は

ウェッジウッドの別注ホテル用

店内の照明に照らすと …

(他社のものと比べても)

白磁の光沢が抜群に良いのが

やっぱり大倉だと!

写真を撮ってみて再認識しました

鎌倉の古書と古道具の店で少しずつ

手に入れたのが こちら

朱色モーニングカップと

昭和40年代の手書きのカップで

もちろん

コーヒー入れる為の道具なのですが、

入れてないとまた白色が良くわかります