Minimal (Bean to Bar) の 「FRUITY」

これを初めて試食したのが

3年前 (2017年) の

SCAJ (日本スペシャルティコーヒー協会) の見本市でした

(画像 ↑ イッチンと型打ちの皿は郡司庸久・慶子さん)

あちこちのブースで試飲した

浅煎りのスペシャルティコーヒーの酸味よりも

このチョコレートの方が

果実感がわかって美味しくいただけました!


(画像 上) がローストしたカカオ豆で

(画像 下) がその殻を剝いた状態です

今新在家西町の商店街にあった頃の Dari K で購入した物で、

当時はオーブンの天板に並べてローストしていました

チョコレートになるのは中の実の方で

粉砕し、ココナッツオイルや砂糖と混ぜ合わせてゆきます

残った殻にも楽しみ方があって

煮出すとココアの香りがするお湯になります

つまり … 味のないココア !? やけど (笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *